>   >   >  明治日本の産業革命遺産製鉄・製鋼、造船、石炭産業

一度は訪れたい日本の世界遺産

19文化遺産
山口県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、鹿児島県、岩手県、静岡県

明治日本の産業革命遺産製鉄・製鋼、造船、石炭産業

明治日本の産業革命遺産製鉄・製鋼、造船、石炭産業

九州を中心に進められた日本の近代化は、西洋先進諸国からの技術導入によって進められ、それらの国との文明の交流がうかがわれます。鎖国状態にあった日本において、非西洋地域で初めて、約50年間という短期間で飛躍的な経済的発展を成し遂げた産業遺産群は、その歴史上の重要な段階を物語る建築物のまとまった集合体の顕著な事例です。

  • 登録年月2015年 7月
  • 分類文化遺産
  • 所在地山口県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、鹿児島県、岩手県、静岡県

世界遺産登録スポット

合わせて見たい特集

ドライブ特集 ご当地グルメ特集 日帰り温泉特集
その他の世界遺産
MAP

日本の
世界遺産

日本で登録されている世界遺産は全部で20ヶ所(2016年7月現在)。
その中には、法隆寺・法起寺をまとめて「法隆寺地域の仏教建造物」というように、複数の施設をまとめて1つの遺産として登録している例もあります。
日本国内に数多く存在する世界遺産を紹介します。

明治日本の産業革命遺産製鉄・製鋼、造船、石炭産業 ページ上部へ戻る