>   >   >  富士山―信仰の対象と芸術の源泉

一度は訪れたい日本の世界遺産

17文化遺産
静岡県、山梨県

富士山―信仰の対象と芸術の源泉

富士山―信仰の対象と芸術の源泉

静岡県と山梨県にまたがる富士山は、古くから噴火を繰り返したことから霊山として多くの人々に畏敬され、日本を代表する名山として親しまれてきました。日本の最高峰を誇る秀麗な成層火山であるのみならず、信仰の対象と芸術の源泉として、また、文学の諸活動に関連する文化的景観として世界的な意義を持つことが評価されました。

  • 登録年月2013年 6月
  • 分類文化遺産
  • 所在地静岡県、山梨県

世界遺産登録スポット

合わせて見たい特集

ドライブ特集 ご当地グルメ特集 日帰り温泉特集
その他の世界遺産
MAP

日本の
世界遺産

日本で登録されている世界遺産は全部で20ヶ所(2016年7月現在)。
その中には、法隆寺・法起寺をまとめて「法隆寺地域の仏教建造物」というように、複数の施設をまとめて1つの遺産として登録している例もあります。
日本国内に数多く存在する世界遺産を紹介します。

富士山―信仰の対象と芸術の源泉 ページ上部へ戻る