>   >   >  石見銀山遺跡とその文化的景観

一度は訪れたい日本の世界遺産

14文化遺産
島根県

石見銀山遺跡とその文化的景観

石見銀山遺跡とその文化的景観

石見銀山で生産された大量の銀は、アジアだけでなくヨーロッパ諸国との経済的、文化的交流をもたらしました。採掘から精錬まで小規模で行われており、鉱山開発や銀生産にかかわる遺跡が残されています。銀鉱山に関わる土地利用の総体を表す文化的景観を形成し、環境に配慮し自然と共生した土地利用が今に伝えられています。

  • 登録年月2007年 7月
  • 分類文化遺産
  • 所在地島根県

世界遺産登録スポット

  • 石見銀山遺跡

合わせて見たい特集

ドライブ特集 ご当地グルメ特集 日帰り温泉特集
その他の世界遺産
MAP

日本の
世界遺産

日本で登録されている世界遺産は全部で20ヶ所(2016年7月現在)。
その中には、法隆寺・法起寺をまとめて「法隆寺地域の仏教建造物」というように、複数の施設をまとめて1つの遺産として登録している例もあります。
日本国内に数多く存在する世界遺産を紹介します。

石見銀山遺跡とその文化的景観 ページ上部へ戻る