>   >   >   >  原爆ドーム

一度は訪れたい日本の世界遺産

7文化遺産
広島県

原爆ドーム

  • 登録年月1996年 12月
  • 分類文化遺産
  • 所在地広島県

原爆ドーム

原爆ドーム

忘れてはならない原爆の悲惨さを象徴する建物

人類史上初の原爆が炸裂したのは、ここから南東約60m、高度約580mで、建物は爆風と熱線をあびて大破して全焼、館内の全員が即死だった。ドームの鉄骨部分がむき出しの残骸と化し、いつの頃からか「原爆ドーム」と呼ばれるようになった。前身は特産物の展示などを行う「広島県産業奨励館」。設計者はチェコの建築家ヤン・レツル氏で、3階建て、正面中央部に5階建ての階段室、その上に銅板の楕円形ドームがのったモダンなものだった。

所在地
〒730-0051
広島県広島市中区大手町1-10
アクセス
電車で

広島電鉄本線原爆ドーム前駅から徒歩2分

車で

山陽自動車道広島ICから約10km

合わせて見たい特集

ドライブ特集 ご当地グルメ特集 日帰り温泉特集
その他の世界遺産
MAP

日本の
世界遺産

日本で登録されている世界遺産は全部で20ヶ所(2016年7月現在)。
その中には、法隆寺・法起寺をまとめて「法隆寺地域の仏教建造物」というように、複数の施設をまとめて1つの遺産として登録している例もあります。
日本国内に数多く存在する世界遺産を紹介します。

原爆ドーム ページ上部へ戻る